北区で探偵が不倫相談の調査でスタートするフローと趣旨

不倫の調査を探偵事務所のフリー相談で依頼し、調査した趣旨を伝えて査定金額を算出していただきます。

 

リサーチ法、調査した中身、見積り金額に納得できたら、事実上契約は履行します。

 

実際に合意を結んだら調査を始めさせていただきます。

 

不倫調査する場合、何時も2人1組でされることが通常です。

 

ただし、求めに応じまして担当者の人数を増減していただくことはできます。

 

探偵事務所では不倫の調査では調査中に連絡があります。

 

なので不倫調査の進捗具合を常にとらえることが実現できますので、安心できますね。

 

 

我が探偵事務所のリサーチの決まりでは日数が決まっておりますので、規定日数分はリサーチが終了したら、すべての調査内容と全結果をまとめました不倫調査報告書がさしあげます。

 

不倫調査報告書には、詳しくリサーチ内容について報告されて、現場で撮影した写真などが同封されます。

 

不倫調査でののち、ご自身で訴えを申し立てるような場合、これらの不倫調査結果報告書の調査した内容や画像等は重要な証となるでしょう。

 

調査を当探偵事務所に要請するのは、このとても大事な現場証拠をおさえることにあります。

 

万が一、調査結果報告書で結果でご納得いただけない場合は、続けて調査を要求することがやれます。

 

ご依頼された調査の結果報告書に理解して取引が完了させていただいた場合、以上により今回の不倫調査はすべて完了となり、とても大切な探偵調査資料も当事務所にてすべて処分させていただきます。

北区で不倫調査は探偵が逃げられない証拠を法廷に提出します

不倫調査といえば、探偵事務所が思い浮かびますよね。

 

探偵とは、相談者からの不倫調査依頼を受けて、ターゲットに関する聞き込み、追跡や、見張り等さまざまな色々な方法によって、特定人の所在、行動等の正しい情報をコレクトすることを業務としています。

 

わが事務所の調査は色々あり、そのほとんどは不倫の調査であります。

 

不倫調査はけっこう多いのですよ。

 

シークレットが重要とされる探偵の仕事は不倫の調査にバッチリ!といえますよ。

 

当探偵に不倫調査を依頼したら、その道のプロならではの広い知識やテクニックを用い、依頼人様が求める情報や証拠をピックアップしてレポートしてもらえます。

 

 

不倫の調査等の作業は、昔は興信所にお願いするのが決まりでしたが、前と違って結婚する相手の身元や雇用調査が興信所にはほとんどで、一般的な探偵のように隠れて調査ではなく、ターゲットの相手に興信所から来たエージェントだと名乗ります。

 

さらに、興信所の者はほとんど詳しく調べたりしません。

 

親しい知人へ様子を聞くだけということもちょくちょくあるようです。

 

近頃の不倫の調査依頼は、相手に気付かれないように調査をしてもらいたい依頼がほとんどなので、興信所より探偵の方が向いて大きいと思われます。

 

探偵社対する法律は特に制定されていませんでしたが、問題が多く発生したことから8年程前に探偵業の業務の適正化に関する法律が施行されました。

 

その事により、届出をしなければ探偵と名乗ることが不可能です。

 

それにより信頼できる運営がなされていますので、お客様には信頼して調査を頼むことができるのです。

 

不倫でお悩みの際ははじめに我が探偵事務所にご相談することを推奨したいと思うのです。

信頼の探偵事務所はコチラ

 

⇒今すぐ無料で相談できます

北区で探偵事務所スタッフに不倫を調査する申し出た時の費用はどの程度?

不倫調査において不可欠なのは探偵へ要望とはいえ手に入れるために裏付等を施術の結果が気に入らなかった場合に、有効な分、かかる費用が高くなっていく動向があります

 

ただし、依頼頂く探偵事務所により費用が異なりますので、たくさんの探偵の事務所があるならその事務所ごとでの費用は変わるでしょう。

 

不倫の調査でのケースでは、行動調査という調査員1人当たり調査料金がかかるのですが、調査する人の数が増えていくと調査料がどんどんかかります。

 

行動調査には、尾行だけ、結果だけの簡単な調査のほかに、予備的な調査、特別な機材、証拠VTR、調査報告書による「基本調査」と二種類あります。

 

行動調査のかかる代金は、1時間を単位と定められています。

 

契約時間を過ぎて調査をする場合は、延長費用がかかってしまいます。

 

調査する人1名分につき60分で代金が必要です。

 

 

他に、車両を運転する場合ですが別途、費用がかかります。

 

日数×台数ずつです。

 

必要な乗り物によって必要な料金は変わってきます。

 

それと、交通費やガソリンや消耗品等探偵調査に必要な諸経費も別途、必要です。

 

尚、現場の状況になってきますが特殊な機材などを使用する場合もあり、そのために必要なの代金がかかったりします。

 

特殊な機材とは、暗視カメラや隠し撮りするためのカメラ、小さいカメラ、通信機器、隠しカメラのモニター色々なものがあるのです。

 

探偵ではそれらの特殊機材を用いて非常に高いスキルで難しい問題も解決へ導いていくことができるのです。